中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

超怖い3億年前の昆虫
-世界中に存在する生き物の正確な数は、900万種に近いと考えている研究者たち。すべての生き物の90%が昆虫類に分類されます。現在も存在するものや有史以前の昆虫のすごい事実を見てみましょう。
-この惑星でかなり長く肥沃な歴史を持つ虫。動物界の怖い巨人よりも長生きです。とても小さくて、結果捕食者から隠れることができ、生き延びるためのエネルギーも大して必要ありません。それに、そんなにえり好みもしません。人工の食べ物でも自然の食べ物でもOK。昆虫は強い外骨格を持っているため、出くわす危険からも守られます。それに、この「ちいさな」ヤツラの多くは羽根があり、危険な場所を去り生きるのに安全な場所へ逃げられます。

タイムスタンプ

タイタンオオウスバカミキリ―最大の甲虫 2:06

巨大ナナフシ 2:48

ヨロイモグラゴキブリ 3:44

アレクサンドラトリバネアゲハ 4:32

ペルビアンジャイアントオオムカデ 4:57

有史以前の昆虫

巨大ノミ 7:00

ユーフォべリア・アルミゲラ(多足類) 7:35

アースロプレウラ 8:14

巨大トンボ 8:51

なぜ昔はサイズが大きかったのか?9:37

音楽
Darkest Child A
You’re free to use this song in any of your videos, but you must include the following in your video description:
Darkest Child A by Kevin MacLeod is licensed under a Creative Commons Attribution licence (https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)
ケビン・マクロードによるDarkest Child Aは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによって使用が許可されています。
(https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)

Source: http://incompetech.com/music/royalty-free/index.html?isrc=USUAN1100783
Artist: http://incompetech.com/
Kevin MacLeod

Summary:
概要
-タイタンオオウスバカミキリは、およそ15センチメートルで、最大の甲虫です。
-地球上のどんな虫よりも長い巨大ナナフシ。枝みたいな見た目で、捕食者から隠れて木の枝に紛れ込みます。
-ヨロイモグラゴキブリは、世界最大級。オーストラリアに棲息するこの昆虫は害虫と考えられておらず、羽根もなく、生態系では死んだはっぱを分解するという重要な役割を担っています。
-世界で最も大きな蝶が、アレクサンドラトリバネアゲハ。羽は伸ばすと、およそ23メートル。
-ペルビアンジャイアントオオムカデは、30センチほどある巨大ムカデで、南アメリカと中央アメリカに棲息。体は24の部分にわかれており、それぞれに足が1ペアついています。
– 1億6500万年前(ジュラ紀)に棲息していた巨大ノミは、飛べないかわりに長さは2.5センチもありました。
– 3億2000年前に存在していた多足類のユーフォべリア・アルミゲラは、現在の子孫と同じような形や生活形態をしていましたが、長さはおよそ1メートル。
-アースロプレウラは、長さ2.5メートル、横幅はおよそ46センチで、ちょうどワニサイズ。
-有史前に存在したトンボ、メガネウラ。「龍」というあだ名がぴったりな昆虫です。今まで地球に棲息した中で最大の昆虫であると研究者は主張しています。
-まず、地球の大気は今では35%のみが酸素。つまり、昆虫がかなり大きく成長したとしても、ニーズを満たすために少ない酸素しか必要としなくて済むよう小さな呼吸器官しか有さない可能性があります。2つ目に、昔の大気圧は8~12気圧ほどでした。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

水野健介 さくらい声優事務所

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)