中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

認知症に良い食事は?成年後見人の手続きを自分でした元成年後見人
認知症予防に良い食事とは

和食が良い理由

認知症予防に良いと
言われている食物は
なぜ和食に多いと
言われるのでしょうか?

それは血液中の
コレステロール濃度を
低くして
動脈硬化のリスクを
下げてくれるDHA、
EPAなどの
不飽和脂肪酸が魚や、
野菜に多く
含まれるからです。

魚DHAが
イワシやサバなど
青い背の魚、
またマグロやブリ、
うなぎ、鮭、すじこなどに
多く含まれます。

大豆製品 
レシチンが多く含まれる。
レシチンには
血中コレステロールや
中性脂肪を
低下させる
働きがあると
されています。

納豆 ナットウキナーゼが
血栓の主成分
フィブリンを
溶かす働き

しいたけ 
成分のエリタデニンが
コレステロール値を
下げる働きがある
(エリタデニンは
水に溶けやすいため
戻し汁に
多く含まれる)

認知症と動脈硬化の関係

認知症には大きく
分けると
脳血管性認知症と
アルツハイマー型認知症と
二つのタイプになります。

老化と共に血管も
しなやかさを失い
血液の流れが
悪くなり、
脳への血流が
スムースに
流れなくなります。
その結果
脳細胞が壊死し、
認知症となります。
つまり動脈硬化が進むほど
認知症への
リスクが高まると
いうことになります。

そこで普段の食事
食生活が大事になる
所以です。

DHAとEPA

認知症予防として
最近、特に
注目されている
DHAとEPAの詳しい説明

DHAとは

DHAとは
ドコサヘキサエン酸の
略称で魚油に
多く含まれています。
不飽和脂肪酸の一種で
特に
青魚に多く含まれており
私達日本人は
昔から魚を常食とすることで
普通に
必要量を
摂ることが
できていました。
そしてだんだん魚を
食べる量が
減るに従って
DHAの摂取量も
減っています。
また、体内で
合成できないため
食べ物からとるしか
ありません。

DHAはどんな役に立ってる?

DHAは
不飽和脂肪酸の一種
ですがこの
不飽和脂肪酸は
血中コレステロールを
下げる働きが
あります。
いわゆる血液を
サラサラにして
くれるわけです。
それにより
中性脂肪を減少させ
動脈硬化を予防したり
生活習慣病を
防ぐのに大いに役だって
います。
最近では認知症予防にも
大いに注目されています。

一日に必要な摂取量は?

一日に1g~1,5g
と言われています。
イワシなら2匹程度、
マグロの刺身なら一皿
(5~6切れ)
現代の食生活の中で
毎日食べるには
なかなか大変な量ですね。

DHAが多く含まれる食べ物は?
魚に多く含まれていますが
魚の種類によって
DHAの含有量は
違ってきます。
最も多く含まれるのは
サバ
イワシなどの青魚と
呼ばれる魚類です。
他にもマグロ、サンマ、
サケ
などにも多く
含まれていることが
知られています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)