中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

脳卒中の原因・死の四重奏 ドクトルかっちゃん 健康にKiss

脳卒中の原因・死の四重奏 ドクトルかっちゃん 健康にKiss
8月28日 死の四重奏

H17年 死因の60%近くが3大疾患 癌30,1%心臓病16%脳卒中12,3%
夏と冬は脳卒中が多いですが、冬は夏の1,5倍と言われています。
最近は夏も増加傾向にある(エアコンで筋肉が緊張?) 
動脈硬化を進行させる脳卒中の危険因子が4つある。
「死の四重奏」高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満の4つは互いに絡み合って動脈硬化を進行させる。
これらが単独で発症した場合でも、動脈硬化の発症率は5~6倍になり、4つの条件がそろっている場合、発症率は35倍にも高まる。
1、生活習慣と「死の四重奏」
肉食、油物、甘い物、味付けの濃い物、便秘、ストレスなどが原因
2、日常生活の注意
血圧など基礎疾患の管理
寒さと急激な温度変化に注意
寒い時期の発症率は、暑い時期の約1.5倍になります。
対策として夜間のトイレは丹前やガウンを着る事と、トイレの保温をする。朝の洗顔はお湯を使う。
入浴の脱衣は暖かい部屋で行い、血圧の高い人は1番風呂は避ける(浴室が暖まっていないので体が冷える)、薄着で急に寒い所に出ない、などが挙げられます。
夏のエアコンも要注意
過度のストレスを避ける くよくよしない、気分転換
過労に注意 睡眠不足、深酒もよくない
排便のコントロール
便秘しないように、繊維の多い食物を摂取する。排便時にりきむと血圧の上昇から、発作につながる。
特にクモ膜下出血の20%は用便中に起きています。
食生活のアンバランスに注意 塩分の取り過ぎ、栄養素の偏り
年に1回は健康診断を受け予防する。
血圧、検尿(腎臓病・糖尿病)、心電図、眼底(動脈硬化の進み具合)、血液(コレステロール・中性脂肪・尿酸・血糖)、体重、問診。
運動は血小板凝集能を低下させ、インスリンの感受性を高め、体重を減少し、HDLコレステロールを増やし、血圧を下げる効果がある。

高脂血症でなくても、腸内細菌の老化に伴って、活性酸素が増え、心臓血管障害が増えています
活性酸素による動脈硬化
★要注意の自覚症状
頭痛、鼻血、高血圧の3つがあればいつ倒れても、もおかしくないと思ってください。(病院で血圧のコントロール)
定期的に血圧測定をする事。
特に体調不良の時は必ず血圧を測ってください。
みなさんも血圧計を持っていなければ買ってくださいね。

KissFM kobe「ドクトルかっちゃん・健康にキッス」井草克一・塩田貴子
医療健康情報http://blogs.yahoo.co.jp/dokutorukachian

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)