中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

肝臓の脂を溶かすスープ
材料
人参   500g
大根   500g
カボチャ 500g
キャベツ 500g
お水   4L

1. 人参、大根、カボチャ、キャベツを、千切りにします。
 カボチャは種を取り除き、皮ごと千切りにします。

2. お鍋に、底から、人参、大根、カボチャ、キャベツの順番に、
 野菜を重ね、お水を加えます。

3. 極弱火で、ふたをして、煮込みます。
 お鍋から、野菜の甘い香りがしてきたら、出来上がりです。

4. 茶こしで野菜をこして、野菜スープのみ、飲みます。

Photography: Ryoya Takashima

この「肝臓の脂を溶かすスープ」のレシピは、
アメリカ・マクロビオティックのパイオニア、
アメリカ・ベジタリアン・ムーブメントの父、
久司 道夫先生からの、直伝です。

元・夫が、原因不明の眼病になり、
日に日に、視野が狭くなり続け、左眼だったと思います。
何件の病院へ行ったことか、、、。
狭窄症という病名はつけられても、
視野が30%を切ってしまった時、久司 道夫先生が、
ちょうど来日され、カウンセリングを受けることが出来ました。

原因は「肝臓に脂が溜まりすぎ!です」
「お酒を飲んだあとの、ラーメンを食べるのを、止めなさい」と、
言われ、心底、驚きました。。。
食べた後のラーメンが、大好物です。。。
そして、この「肝臓の脂を溶かすスープ」のレシピを、
教えて下さいました。
目が見えるようになるまで、毎日、作って、
毎日飲み切るように。と。
作りました!毎日、毎日、、、千切りで手が、
腱鞘炎にもなりました。
1週目から、オシッコが虹色に光る、、、と、言い、
2週目には、視野が少しずつ広がり始めます!
そして、ちょうど3週間~21日目に、全視野を取り戻しました!!
私が、食箋のすごさ、魅力に引き込まれるキッカケとなりました。
半年間、視野が狭くなり続け、
いずれ失明するのではないか?という、恐怖感。
大病院、目の専門病院でも治療法がなく、、、
まさか!っ!!
人参、大根、カボチャ、キャベツで、眼病が治る!だなんて。
久司 道夫先生との御縁に感謝です。

Ingredients
Carrots 500g
White radish 500g
Pumpkin 500g
Cabbage 500g
Water 4L

1. Chop the vegetables into thin slices
Remove the pumpkin seeds, but include the skin when chopping

2. Put the vegetables in the pot in layers, in the order of carrots, radish, pumpkin, cabbage
Now add the water

3. With a weak fire, slowly cook the vegetables
When the smell of vegetables wafts from the pot, it’s finished.

4. Remove the vegetables with a sieve, and drink only the soup

This liver fat melting soup is straight from the pioneer of macrobiotics in America, the American vegetable movement’s founding father Michio Kushi himself.

My ex-husband had an eye affliction for an unknown reason, and got narrower vision in his left eye as the days passed.
We went to multiple hospitals, and he was diagnosed with constriction of vision.
When his vision deteriorated to less than 30% remaining, Dr Kushi gave us advice on what to do.

The reason for his illness was “build up of liver fat”!
No more overdrinking, eating too much ramen, and similar things.
I was a bit disappointed because I loved ramen…

He taught us this fat melting soup’s recipe, and I ripped the vegetables by hand every single day until I got carpal tunnel.
After the first week, his urine color turned rainbow colored (or so he claimed).
By week two, his vision was slowly returning, and by the third, it was almost fully recovered.
I was truly stunned by the power of eating properly, and how food could both take away and recover vision.

What hospitals and clinics couldn’t repair, a bunch of carrots, radishes, pumpkins and cabbages did.
I am truly thankful for having met Michio Kushi.

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)