中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

改善118ヌカ漬映像
目の老化・疲れ「眼精疲労解消効

果」たけしの家庭の医学で紹介)お

魚のブリのDHA・EPAを摂取する

と、目で、ムチンをだす細胞が活性

化、ムチンには涙を目の表面に留ま

らせる効果があるそうです。ムチン

は外部の刺激から上皮細胞を保護す

る糖タンパク質でウルオイ寒天風の糖タンパク成分の原料のような物質です。たっぷりと水を保持します。ひょっとしたら眼球ばかりではなく体中の、ウルオイ寒天風の糖タンパク成分は、DHA・EPAを摂取する

と、ウルオイ成分をだす細胞が活性

化して、ウルオイを発揮すうるかもしれません。今はブリを買わなくても、中性脂肪の少し多い体質の人はドクターからEPA(エパデール)を処方されます。

糖嫌い(糖質オフ論者)の方々に、

体のイタルところに糖と名のつく体

内物質があることを知っていただき

たいと思います。ニク魚の近辺にたくさん存在する糖ウルオイ成分は、加熱焼肉調理過程でのみ老化物質(糖化蛋白)を生じ、煮込み料理やムシ料理では、ホトンド生じません。「糖を悪者に」したい焼肉産業医師管理栄養士は今後も「枚挙にいとまがありません」「数が多すぎてきりがありません」

信頼できる医学情報は、意外に歯医者さんのURLにあります。歯医者さんイワク⇒脳はDHA・EPAなどの魚系を欲しがっていますが、脳は、ダマサレテ、バター・ソクトクリームなどを、美味しく感じてしまっているそうです。歯医者さんのURLでは黒く焦げていない低温圧搾透明エゴマオイルなどを紹介していました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)