中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

太るメカニズム 痩せたら妊娠した不妊体質改善のためのダイエット

太るメカニズム 痩せたら妊娠した不妊体質改善のためのダイエット
保健師・看護師が不妊で悩みつらい方へ役立つ情報を発信中
詳しくは→【公式サイト】http://umiwakeseikou.com/

不妊改善した方が読んだ「ママになるための教科書」プレゼント
今だけ無料 → http://umiwakeseikou.com/lp/magazine/line/

妊活中の女性が情報交換し勉強できるますようセミナー開催
詳細はこちら → https://umiwakeseikou.com/seminar

不妊の悩み相談、妊活カウンセリングで
不妊のもとストレスをケア。妊娠しやすい心と体つくりや
ホルモンバランスや夫婦の性生活・セックスレスの改善をしてきました。

薬に頼らず自然妊娠!不妊治療で悩んでいるかたにもおすすめ
子どもができないのは受精障害だけでなく、着床できない
流産しやすくなっているという点もあります。

30代、40代でもどんどん自然妊娠報告が!!
妊活・不妊治療については「自然妊娠カウンセラー 岡田和子」

妊活女性が悩むストレス、心に抱える不妊のつらさや不安や焦り
気になる食事から、基礎体温表の乱れから読み取る
月経不順・低温期が長く高温期が短いなどを改善していく方法

妊娠したいのに性生活が義務的で苦痛。男性は性欲がなく義務的になり
タイミング重視ばかりでセックス回数が少なくなっているほか

勃起障害EDや射精障害など精子の質が悪く顕微授精でないとダメ
と言われた男性不妊も相談をうけアドバイスし妊娠へと導いてきました。

【TEL】 → 050-5534-8124 
【公式HP】→http://umiwakeseikou.com/

情報を発信する際は、各種専門書籍や専門機関・不妊治療
女性の体についてかかれた書籍をはじめ、
生殖医療専門クリニックなどのサイト等を多数
参考にしながら執筆したり動画投稿し、
できるだけ最新で科学的根拠や医学的根拠がある内容を提供できますよう心掛けています。

#自然妊娠 
#妊活 
#不妊症 
#ベビ待ち
#流産 
#子供ができない 
#赤ちゃん欲しい

肥満と不妊との関係

太っている状態では、不妊の原因を作りだしてしまいます。

体の脂肪組織の中では、

卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンが作られます。

ふとっていると、脂肪組織が多いわけですから、

そこで作られる卵胞ホルモンも多くなります。

本来でしたら、この卵胞ホルモンは卵巣で作られるもので、排卵をはじめ受精に関わる

重要な役割を果たしています。

しかし、太っている人の場合は、脂肪組織で卵胞ホルモンが作られ、

同時に卵巣から分泌される卵胞ホルモンが抑制されてしまいます。

そのため、月経周期に悪影響がでたり、排卵が抑えられてしまいます。

脂肪組織からの影響でホルモンバランスが

乱れてしまい、排卵・月経に悪影響を与えてしまうのです。

妊娠のためにダイエットが必要

妊娠経過を順調に維持していくには、妊娠後期に合併症などを

起こさないようにあらかじめ整えておく必要があります。

妊娠合併症をあわせもつとハイリスクな妊娠・出産になってしまいます。

妊娠合併症には、妊娠糖尿病・妊娠高血圧・妊娠腎症があります。

赤ちゃんを産みだす過程にはリスクも伴うため母子ともに健康ですごせていかれることが

大切になるため、こういった合併症を起こしやすい肥満体型は

妊娠前からもダイエットに取り組み整えておく必要性があります。

正しくないダイエットはかえって危険!

妊活中のダイエットでは、無理な食事制限や激しい運動、食べたいものを我慢するストレス

などからかえって不妊体質になってしまう可能性があります。

間違った方法や、短期間に体重の増減変化が大きい場合は、ホルモンバランスも崩れやすく、

排卵や月経周期に影響も出やすいのです。

そのため、ダイエットが必要だからと言って、間違ったダイエット方法は気をつけなくては

なりませんね。

不妊体質に! 太ってしまうメカニズム

そもそも太るメカニズムから考えると、糖質摂取による血糖値と関係があります。

太るとは、体の中に存在している脂肪細胞が肥大化してしまうことを示します。

脂肪細胞は中性脂肪を取り込むと肥大化します。そして、それが3倍ほどに肥大化すると

脂肪細胞は分裂し増えていくようになります。

中性脂肪とは、食べたものを消化していくときに脂肪酸とグリセロールとに分解されて使われます。

そして余った分が再合成されて、中性脂肪となり血液の中へ流れるようになっていきます。

食事の摂取に伴って変化が大きく出やすいもので、

特に糖質を摂取すると血液中に多量の中性脂肪が流れるようになります。

また、血糖値についても太るメカニズムがあります。

血液の中にある糖の成分で、エネルギーの源にもなる成分ではあります。

しかし、この糖は本来は不足し飢餓状態になる事の方が歴史的には長く

糖の不足に耐えられるようにするためのホルモンは多く存在しますが、

血糖値を下げるように働くホルモンはインスリンと言って1種類しか存在しません。

糖は必要でありながらもとり過ぎていては体にとってはよくない栄養です。

過剰にとり過ぎた糖は、筋肉や肝臓に溜め込まれ、

さらにそっちもいっぱいになると、脂肪細胞に蓄えられるようになります。

血液中の糖はグリセロールへと変換されていき、中性脂肪となり、

血糖値を下げる様にも働きますが、糖のとり過ぎは、脂肪細胞が肥大化し分裂し増えるばかりです。

不妊改善のために有効なダイエット

太ってしまうメカニズムから考えると、糖の摂取をある程度制限してあげる事で

肥満を防ぎダイエットしていくことができそうだという事がわかりますね。

合わせて、脂肪を燃焼させていかれるように適度な運動を取り入れる事もおススメです。

糖質制限は一切糖質を断つというものでもありません。

糖質もエネルギー源なのである程度は必要です。

極端な自己判断によって行う糖質制限がリスクを伴うという事はありますが、

適度な糖質量にまで食事内容をコントロールし、

運動を行っていくことは妊娠しやすい体つくりにつながっていきますね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)