中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

善玉と悪玉の2つのコレステロール
「悪玉」も「善玉」も本来は同じリポたんぱくです。よく「悪玉コレステロール」と「善玉コレステロール」という言葉を耳にしますが、
これはそれぞれ「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」を指します。この2つは、別々のものではなく、同じコレステロールでありながら、
コレステロールがのっているリポたんぱくの種類が異なるだけです。本来は「悪玉」「善玉」と区別すべきものではないのですが、あえてこの呼び名があるのは、
LDLコレステロールとHDLコレステロールの関係が、動脈硬化の進行に深く関わっているからです。そのメカニズムを説明しましょう。
5種類のリポたんぱくがコレステロールを全身に運んでいます。LDLコレステロールは、リポたんぱくLDLによって全身のすみずみの細胞まで運ばれます。
その後、LDLコレステロールは、細胞の受容体(受け入れ口)から細胞内に取り込まれますが、細胞が必要とするコレステロール量には限りがあります。
そのため、コレステロールの多い食品をとり過ぎるなどしてLDLコレステロールが増え過ぎると、細胞に取り込まれることができず、血液中にあふれます。
そして、余ったLDLコレステロールは、動脈の内膜層(動脈内壁の一番上の層)に付着してしまうのです。
一方、HDLは、動脈壁に付着した余分なコレステロールを回収し、肝臓に運びます。
つまり、体内の脂質代謝の状態をみるには、LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランス関係を把握する必要があるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)