中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

全身の筋肉に働きかけるエクササイズ3選
いろんな筋肉をそれぞれ鍛えるためのエクササイズがありすぎて、どんなワークアウトをすればよいのか、わかりにくいことってありますよね。実は、たくさんの様々な運動をする必要も、かっこいい見た目のワークアウト器具を色色々使う必要も、全くないんです。全身に筋肉をつけたいのなら、3つのエクササイズを正しく行うだけで充分ということをご存知の方はほとんどいません。

タイムスタンプ:

1. 腹筋ローラーエクササイズ 0:20

– 正しく行う方法 1:10

– よくある間違い 2:27

2. ジャンプ 2:50

-垂直飛び 3:18

-走り幅跳び 4:19

3. ロープクライミング 4:59

食べるべきもの 6:20

レベルをあげる 8:23

停滞期?ワークアウトルーティーンを変えよう! 8:51

概要:

-腹筋ローラーの良いところは、この器具が様々な筋肉を強化する手助けをしてくれるということ。腹筋ローラーで運動する度に、20以上の筋肉を使うことになります。

– エクササイズ中、お尻が下がってしまってはいけません。頭から尾骨まで、背中をできるだけまっすぐに保ちます。

– ゆっくり着実に押し出しましょう。腕はまっすぐ揃えてください。こうすることで、ホイールのコントロールが奪われることを防ぎます。

– ジャンプは、神経系にも働きかけ、より強化し、持久力と運動能力を向上させます。

-両脚でジャンプすると、垂直飛びは高さがでます。こうすることで、足の力によって地面から押し上げられるんです。

-垂直飛びでは両足を使いますが、走り幅跳の場合は、行う前にどちらが利き足か調べて、そちらの足から飛ぶ方がベターです。走り幅跳びを行うための最適な場所は、砂場です。ここでは、けがを回避することができるためです。

– ロープを上るとき、体中の筋肉を使います。このエクササイズは、上半身を鍛えるだけでなく、コーディネーションと敏しょう性も向上します。

-筋肉をつけるためには、一日4、5回食事をするべきです。各食事の間は2~3時間あけるようにしましょう。こうすることで、常に筋肉をつけるためのエネルギーを保てます。

-一日の中で、野菜もたくさん食べるようにしましょう。ほうれん草は、無駄のない筋肉をつけるのに最適なグルタミンを含んでいます。メキャベツには、たんぱく質だけでなく、食物繊維も豊富に含まれています。

-専門家は、筋肉量を増やしたいなら、1時間以上はトレーニングしないように推奨しています。

-進歩が見られない筋トレの停滞期にぶち当たっていると感じたら、4週間ごとにワークアウトを変えましょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)