中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

不妊症でお悩みのあなたへ子宝の秘密を大公開!必見です
しあわせ妊娠マニュアルの詳細はコチラ> http://p.tl/7TwU

たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠~さよなら不妊!ブライダル・ベビーを望むあなたも必見!子宝の知恵シリーズで不妊症から立ち直る妊娠法を公開!

不妊症について 不妊症の原因と対策
不妊症について
「妊娠を希望しているのに思うようにいかない」とか「病院で不妊症の治療を受けているがなかなか改善されない」「体外受精や人工授精を何回も受けていますがだめでした」などと言って、漢方薬やサプリメントを探している方が結構多いですね。
ホルモンのバランスが悪くてよい卵子が育たない、子宮内膜症が原因で着床ができない、生理不順が原因であったり不妊症の症状も様々です。  最近は男性の不妊症も増えてきています。精子の数が少なかったり、元気がなかったりすることが主な原因のようです。

■ 不妊症とは
不妊症とは正常な夫婦生活があって、2年以内に妊娠しない場合をいいます。これは、通常、夫婦の90%以上が2年以内に妊娠するという事実に基づいています。過去に妊娠の経験がないものを原発性不妊、妊娠したことはあるがその後2年以上妊娠しない場合を続発性不妊と言います。 子供が欲しい夫婦にとって不妊は切実な問題です。

■ 不妊症の原因
不妊症の女性側の原因は約5割で、男性側が約3割、その他の原因不明が約2割ということです。

「不妊症かも」と思ってもなかなか家族には相談できないものです。
しかしながら不妊症はあなただけの問題ではありません。子供が欲しい気持ちは家族みんな同じ。ご夫婦・ご家族で協力しあいながらの治療をおすすめいたします。

Q.妊娠しやすい食べ物を教えてください。

A.妊娠しやすくするためには、偏食をなくして、栄養バランスの良い食事を摂ることです。血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させる作用があるEPAを多く含むサンマやイワシ、サバなどと、ビタミンEを多く含む玄米や小麦の胚芽、植物油、うなぎなどを摂ると血行がよくなり、妊娠しやすくなります。

Q.タンポポが不妊の人に良いと言われていますが、どうしてですか。
A.最近話題を呼んでいるタンポポのエキスは脳下垂体を直接活性化し、ホルモン分泌を促すからです。良い卵子を作り、不妊症に良い結果が出ています。血液環境が良くなり、生理不順や生理痛も改善します。また、ホルモンのバランスを整えるので、子宮内膜症の改善にもなります。

Q.冷え性は不妊症と密接に関係するの?
A.不妊症の方に冷え症がとても多い。冷え性とは抹消循環不全で血の巡りが悪くなる症状のことで、生理不順なりやすく、卵巣の発育も悪くなります。

Q.妊娠と年齢は関係ありますか?
A.年齢が高くなるにつれて、受精卵の数が減少し、卵子の質が低下したり、受精卵に染色体異常が増えたりします。そのため、年齢によって妊娠する可能性が低下し、流産頻度が上昇します。男性にも年齢的要因はありますが、女性ほどではありません。体外受精の妊娠率も年齢に高くなるにつれて低くなっていきます。

Q.食べ物や生活習慣で妊娠しにくくするものはありますか。
A.ダイオキシン、PCB、ビスフェノール、スズなどの環境ホルモンは、生殖器官をも汚染すると言われています。卵子や精子に直接、悪影響を及ぼすことがあり、能力を低下するばかりでなく、胎児の形態異常につながる可能性があります。
食品添加物、大気汚染物質、また、タバコの煙の中にはダイオキシンをはじめとする発がん物質が含まれています。

Q.太りすぎや痩せすぎは不妊と関係ありますか?
A.肥満で皮下脂肪が増えると排卵異常になりやすい。また、せっかく妊娠しても妊娠中毒にもなりやすく、難産になる可能性もあります。痩せすぎは皮下脂肪が少なく、女性ホルモンが作られにくくなります。男性の場合も食生活に偏りがあると不妊になりやすい。
http://infogap.net/ninshin.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)