中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

シャチに襲われた一家の海上4週間サバイバル
1973年の秋、数多くの新聞が、あるニュースを伝えていました。4人の子どもを連れた一家が、太平洋の真っ只中で4週間以上もの間サバイバルをしていた。

彼ら一家の夢はシャチによって船を沈められ、海の藻屑と消えました。

フィクションのようなこの物語。しかしまぎれもない実話なのです。

ドゥーガルとリン夫妻はスタッフォードシャーのメドーズファームで生活をしていました。一向に良くならない一家の生活。子どもたちに新しい服を買ってやることもできませんでした。

そんな中、彼らは子どもの一言をきっかけに、世界を船で旅することを決意します。

タイムスタンプ:

2つのものを愛したドゥーガル・ロバートソン 0:30

貧困から抜け出すには 1:37
最初の嵐 2:26
船がシャチに襲われたのはなぜか 4:02
熱帯収束帯とは 6:02
彼らが飲んだもの 6:39
暴れたウミガメの恐怖 8:35
救出 9:13

概要:

-1971年、47歳であったドゥーガル・ロバートソンはごく普通の農夫として生活をしていました

-2つのものを同時に愛することができなかった彼は、海ではなく妻を愛すると決めました

-農場を売り、貯金をはたいて、一家は1隻のスクーナー船を購入します

-18歳の息子ダグラスが力仕事のすべてを引き受けました。彼と父親との関係性は船長と船員のそれと同じでした

-大西洋を船で渡るだけでも十分な経験が必要でしたが、シャチの襲撃に対する経験は誰もが持ち合わせていませんでした

-ルセットの速度はシャチの獲物のクジラと同じであった可能性があり、それが襲撃の理由だったのではないかといわれています

-ルセットはものの数分で沈んでいきました。ロバートソン一家は脱出に際し、十分な物資を集めるだけの時間が与えられませんでした

-ダグラスは父親から、熱帯収束帯を目指すよう言われます

-彼らはウミガメを素手で捕まえることを覚えました。ウミガメは鋭い爪を持ち、激しく暴れる生き物でした

-ウミガメの脂肪は薬として利用することができました

-23日目、特に暴れたウミガメが、飲み水をボートから切り離してしまいました

-38日目、彼らは日本の漁船によって救出されました

-旅を終えて、ドゥーガルは本を執筆し、これはベストセラーとなりました。彼は妻に新しい農場を買い、二人は別々の道を進むこととなりました

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)