中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

オススメの食べ物「ミックスナッツ」断食や小腹空いた時に食べてます。

オススメの食べ物「ミックスナッツ」断食や小腹空いた時に食べてます。
プチ断食する時に食べたりするがミックスナッツです。無添加の食塩なしで油を使ってないのがオススメです。

■アーモンド

クセがなく、栄養価もバツグン

アーモンドには、ビタミンEやオレイン酸などの抗酸化力の高い成分や食物繊維が豊富だ。

「アーモンドには糖質分解酵素のαアミラーゼやβグルコシダーゼ、脂質分解酵素のリパーゼの働きを阻害して、余分な糖や脂肪の吸収を防ぎ、便として排出する働きがある」(井上教授)。また、「糖と体内のたんぱく質が結合してできる老化物質の終末糖化産物(AGEs)の発生を防ぎ、排出させる働きもある」(井上教授)

つまり、アーモンドにはダイエット効果とともに、解毒効果も期待できる。このほか、ビタミン、ミネラル類もバランスよく含むので、“ナッツの王様”なのだ。

■クルミ

独自の渋みがやせに効く

多くのナッツの脂質はオレイン酸が主成分だが、クルミにはn-3系脂肪酸の一種のαリノレン酸が多い。「αリノレン酸は血管をしなやかにしたり、細胞の活性化を促す働きがある。また、クルミの薄皮にはポリフェノールが豊富」と井上教授。渋くても薄皮ごと食べることで、より高い抗酸化作用が期待できそうだ。

n-3系脂肪酸は日本人に不足しがちな栄養素だ。「クルミは調理せずに手軽に食べられるのでn-3系脂肪酸の供給源として優れている」(井上教授)

クルミには体重管理や中性脂肪の減少に役立つという研究報告もある。ダイエットのみならず、メタボが心配な人にもいい。

■タイガーナッツ

セレブも注目 食物繊維のカタマリ

海外セレブの間で注目の新顔だが、実はナッツではなく、カヤツリグサの塊茎(かいけい)。100g中16.5gと、食物繊維が豊富なことが特徴だ。日本への輸入を手掛けるエーシーテック代表の荒井千秋さんは、「古代エジプトでも食べられていたといわれ、近年ではスペイン産のものが主流」と話す。

■カシューナッツ

味も大人気 亜鉛・鉄分が豊富なナッツ

かみ応えがソフトで甘いカシューナッツは食べやすく、ナッツ初心者にも人気。骨の形成を助けるビタミンKやたんぱく質合成に必要な亜鉛、貧血を予防する鉄、循環器や骨の健康に関わるマグネシウムも多い。ただし、ナッツの中では糖質が多いのが特徴。食べすぎには注意しよう。

チャンネル登録すると最近情報が届きます。↓

https://www.youtube.com/channel/UCXOmXG8fwm_196sfi1coihg

〜プロフィール〜
小学校のころからアトピーで悩みいじめられた経験もあります。
現在40歳の私が克服した情報をお伝えしております。

少しでも参考になればと思います。

左声帯が麻痺しているため声がガラガラで裏返ったりしていると思いますが、ご了承くだ­さい。

〜アトピーなんでもメール相談〜
atopi12345@gmail.com

#アトピー完治 #アトピー食事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)