中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

【やり直しの断食】~7日目~Fasting for 21 days
断食7日目ということで状況を報告します。

体重について
・初日71.3kg⇒7日目67.8kg -3.5kg

・前回30日をやった時は7日間で-4.5kg
今回はあまり無理はしない計画なので
問題なしと判断

体重変化で気になる点
・スタートから4日間の急激な落ち方について
だいたい前回も同じような傾向で
断食をはじめると以降は、固形物が外から入ってこないので
まず胃が空になり、宿便も出て
体の中が全て空っぽな状態になるので
このことも大きく関係していると思われる。
・断食によって代謝が大きく変化し
体重の落ち方も後の方ではだんだん渋くなるが
これは代謝の変化に関係あるかと。
我々はご飯、パン、麺類などの糖質を主食としていて
これが消化酵素の働きによってグルコース(糖)に分解され
活動のエネルギー源になる訳で
これを通常のエネルギー回路(解糖系)とすると
断食によって、外から栄養(糖質)が入ってこなくなると
体の中にあるもので賄うしかなく、
肝臓や筋肉の中のグリコーゲン(ブドウ糖の貯蔵庫)を
まず分解し、グルコース(糖)を作り出しエネルギー源にしようとする。
ただこれも容量的には少なく1日も持たず枯渇。
そうなると、他から引っ張ってこなければならなるので
2番手で出てくるのが 体脂肪(中性脂肪)で
これは肝臓によって脂肪酸とグリセロールに分解され
血中に入りエネルギー源となる。
それから、肝臓ではグリセロールからケトン体が生成されるので
それが糖に代わる脳のエネルギー源にもなるので
この中性脂肪からエネルギーを作り出す回路(糖新生)
これがうまく回りだすと
断食の序盤でよく起こる空腹感とか頭痛、肌荒れなどの異変は
だんだん解消されてくる といわれている。
ここで注意点は
この脂肪からエネルギーを作り出す回路でも
まだエネルギー供給が追い付かないと
とうとう筋肉をアミノ酸に分解(カタボリック)し
このアミノ酸を元にエネルギーとなる糖を
作り出そうとするので特に注意。

体重以外の変化

●カロリー収支
一日当たりの摂取カロリーと消費カロリーの差をウォッチ
週平均でみると目標-2000kcalをクリア
特に問題なし

●血圧
初日 上173もあったが7日目141に
血圧下 初日126が7日目は102
改善が見られた。

●ウエスト
初日が89cm 7日目には86cm -3cm
減少を確認

●体脂肪率と筋肉量
体組成計(TANITA 型DC-320)で測定
体脂肪率 初日が14.7% 7日目が12.3% -2.4%
筋肉量 初日56.8kg 7日目が56.5kg
-0.3kg で問題ない範囲

具体的なトレーニングメニューも書いておく
・加圧Running20分 ※怪我治癒が目的
・レッグプレス 174kg 30rep 3set
・カーフレイズ 154kg 50rep 3set
・レッグカール 40kg 30rep 3set
・レッグエクステンション 10kg 20rep 3set
・腹筋マシン 40kg 30rep 3set
・ダンベルフライ 5kg 50rep 3set
・ショルダーリンク Lebel9 20rep 3set
・腹筋(負荷なし) 100rep 2種

週末Running
土曜 朝25km 夕方 15km ※6~7min/km
その他Running 夕方 5~16km

MUSIC:
Ship Wrek & Zookeepers – Ark [NCS Release]

Jim Yosef – Firefly [NCS Release]
https://www.youtube.com/watch?v=x_OwcYTNbHs

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)