中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

【あなたのサプリ】アスタキサンチンってどんなサプリメント?

【あなたのサプリ】アスタキサンチンってどんなサプリメント?
◆限定情報配信中◆
  
優のお薬アカデミア公式LINEはコチラ
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40hcg0797l
  
只今登録の特典として、
『薬局で買える、使える漢方薬10選』
をお渡ししています。
 
 
今回の動画では、以下の点について説明しております。
  
@アスタキサンチンで解消が期待できる様々な悩み
@アスタキサンチンはカロテノイドの一種である
@人間を含め動物は自らアスタキサンチンを合成することができない
@アスタキサンチンは植物由来のカロテノイドである
@アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持っている
@アスタキサンチンの抗酸化力はβカロテンの約5倍、CoQ10の約800倍、ビタミンEの約1000倍、ビタミンCの約6000倍である
@私たちの身体を作っている細胞は細胞膜という内側が脂溶性、外側が水溶性である二重の膜に覆われている
@ほとんどの抗酸化成分は水溶性か脂溶性のどちらかのエリアにしか存在できない
@アスタキサンチンは脂質の二重膜構造を縦に貫通する形で存在している
@アスタキサンチンは細胞膜全体に位置し、膜の外側にしか存在できない水溶性のビタミンC、膜の内側にしか存在できないビタミンEやβカロテンが果たせない部分をカバーして活性酸素をしっかりと捉えることが可能である
@アスタキサンチンはケト基と水酸基を持っているため細胞膜と親和性が良い
@アスタキサンチンは一重項酸素に対しても効果を発揮する
@スーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素の4種類が活性酸素にはある
@スーパーオキシドって何?
@過酸化水素って何?
@ヒドロキシラジカルって何?
@一重項酸素って何?
@一重項酸素は体内で無毒化する力を持っていない
@アスタキサンチンはプロオキシダントになりにくい
@活性酸素を生み出す原因物質になったものをプロオキシダントと言う
@アスタキサンチンの抗酸化作用は触媒の様に働くことで発揮される
@多くの抗酸化物質は、自らが酸化されるという自己犠牲によって活性酸素の害を防ぐ
@酸化された抗酸化物質の量が増えていくと、今度はそれ自体が活性酸素を生み出す原因物質になる
@アスタキサンチンは血液脳関門、血液網膜関門を通過する為、眼や脳細胞に対しても抗酸化力を発揮します
@ビタミンCやビタミンE、βカロテンなどの抗酸化物質は血液脳関門を通過できない
@アスタキサンチンは優れた抗炎症作用を持っている
@アスタキサンチンは血流改善作用がある
@アスタキサンチンを多く含む食品は?
@調理しても赤いのがアスタキサンチンを含む食品の特徴です
@鮭は白身の魚である
@本来白身魚である鮭はアスタキサンチンによって赤色になっているが、産卵直前にはオスは皮膚に、メスはイクラに赤色が移り、身肉は本来の白っぽいものになる
@アスタキサンチンを摂取する事で期待できることは?
@アスタキサンチンは肌荒れやシワの予防が期待できる
@アスタキサンチンはシミを抑制して肌が美しくなる事も期待できる
@アスタキサンチンは眼精疲労の軽減が期待できる
@アスタキサンチンはダイエットやメタボの改善に繋がる事が期待できる
@アスタキサンチンは肉体疲労、精神疲労の軽減も期待できる
@肉体的な疲労の原因はエネルギー不足と疲労物質の蓄積です
@運動する時に筋肉を収縮させる主なエネルギー源は糖質と脂質で通常この二つは均等な割合で利用される
@激しい運動をした場合、筋グリコーゲンなどの糖質がエネルギーとして利用される割合が多くなり、その激しい運動が長時間に及ぶと貯蔵しているグリコーゲン量が減少して筋肉収縮のためのエネルギーを生み出すことができなくなってしまう
@アスタキサンチンを摂取していると、運動のエネルギー源として脂肪が優先的に利用され、筋グリコーゲンなどの糖の利用が抑えられることがわかっている
@アスタキサンチンが身体に蓄積されている脂肪や摂取した脂質をエネルギーに変えやすくしてくれる
@糖の利用が少なくなると、筋肉疲労を予防できるとともに、運動で生み出される疲労物質の抑制にもつながる@脳疲労は脳グリコーゲンの減少が脳疲労の原因の1つとされていますが、アスタキサンチンによる糖の利用の抑制は脳疲労による疲労感を軽減する効果が期待できます
@長時間運動することで起こる低血糖は脳のエネルギー不足を引き起こし、脳の貯蔵エネルギーである脳グリコーゲンを減少させてしまいます
@脳に直接作用することができるアスタキサンチンは、脳の血流を促したり、脳の神経細胞を活性酸素から守ったりすることでも脳疲労に対する効果を発揮する
@アスタキサンチンは加齢臭の軽減が期待できる
@加齢臭の正体はノネナールという成分です
@ノネナールは皮脂中のパルミトレイン酸という脂肪酸
が参加されてできる成分である
@男性が40代以上になると皮脂中にパルミトレイン酸が多くなる
@アスタキサンチンは薄毛の悩みにも効果が期待できる
@アスタキサンチンを過剰に摂取するとどうなるのか?
@アスタキサンチンとお薬との飲みあわせは?
@アスタキサンチンはCYPに大きく影響しない
@アスタキサンチンの推奨量は?
@アスタキサンチンの原料はきちんと確認すべきであるである

#アスタキサンチン#加齢臭#抗酸化物質#美肌#肌荒れ#シワ#シミ#メタボ#眼精疲労#スーパーオキシド#過酸化水素#ヒドロキシラジカル#一重項酸素#肉体疲労#精神疲労
   
   
◆情報シェア◆
 
厚生労働省 平均寿命と健康寿命をみる
⇒ https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/chiiki-gyousei_03_02.pdf
 
  
◆関連動画◆

【あなたのサプリ】グリシンってどんなサプリメント?
⇒ https://youtu.be/KJ-YPKtavQc
  
【あなたのサプリ】亜鉛ってどんなサプリメント?
⇒ https://youtu.be/sE4rmWrKM9o
   
【あなたの薬局】マイザー(ジフルプレドナート)ってどんなお薬?
⇒ https://youtu.be/Rv5L2zQn1J4
     
【あなたの薬局】イミグラン(スマトリプタン)ってどんなお薬?
⇒ https://youtu.be/DAv2A8n4p9E
        
【あなたの薬局】アレグラ(フェキソフェナジン)ってどんなお薬?
⇒ https://youtu.be/RAyg-IiYZVI
    
    
◆検索ワード◆
  
サプリメント
サプリ
ダイエット
プロテイン
葉酸
化粧品
ウコン
イソフラボン
アミノ酸
乳酸菌
セルライト
スキンケア
カルシウム
エステ
通販
コンドロイチン
健康食品
グルコサミン
亜鉛
酵素
コラーゲン
マカ
鉄分
ローヤルゼリー
プロポリス
プラセンタ
健康
カロリー
デトックス
二の腕
美容
美肌
ルテイン
カルニチン
妊娠
口臭
薄毛
白髪
脱毛
セロトニン
ギャバ
冷え性
体臭
若返り
オルニチン
ベースサプリメント
ヘルスサプリメント
オプショナルサプリメント
サプリメントツリー
頭痛
もの忘れ
ストレス
不眠
目の疲れ
口内炎
歯周病
花粉症
アトピー
シワ
しみ
風邪
疲れ
肩こり
貧血
胸焼け
胃もたれ
胃痛
下痢
便秘
関節痛
腰痛
神経痛
生理痛
更年期
むくみ
トイレ近い
精力減退
タバコ
飲酒
運動
肥満
動脈硬化
高血圧
血糖値
コレステロール
中性脂肪
肝機能
がん

骨粗鬆症
アスタキサンチン
アラキドン酸
αリノレン酸
αリポ酸
アントシアニン
イソフラボン
イヌリン
イノシトール
EPA
脂肪酸
オリゴ糖
オルニチン
カテキン
スルフォラファン
セレン

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)