中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

「亜熱帯地域での栽培に適した難消化性デンプン米」 沖縄科学技術大学院大学 植物エピジェネティクスユニット 准教授 佐瀨 英俊

「亜熱帯地域での栽培に適した難消化性デンプン米」 沖縄科学技術大学院大学 植物エピジェネティクスユニット 准教授 佐瀨 英俊
「沖縄科学技術大学院大学 新技術説明会」(2019年6月11日開催)にて発表。https://shingi.jst.go.jp/list/oist/2019_oist.html

【新技術の概要】
米などに含まれるデンプンは、消化の過程でブドウ糖に分解され主要なエネルギー源として利用されるが、ブドウ糖の過剰な摂取は肥満や糖尿病等の生活習慣病の原因となる。本稲品種に含まれるデンプンはブドウ糖に消化されにくい構造をしており、この難消化米を食品として利用することで生活習慣病の予防につながる可能性がある。

【従来技術・競合技術との比較】
従来知られている難消化米wx/ae米は、亜熱帯地域での栽培では気温が高いため生育途中で開花し収量が少なくなるという問題があった。そこで亜熱帯気候でも収量の高い品種と交配することで亜熱帯気候でも高い収穫量が得られる難消化性の新種米を開発した。

【新技術の特徴】
・難消化性のデンプン
・亜熱帯地域での栽培に適した品種

【想定される用途】
・糖尿病食
・低カロリー健康食品
・生活習慣病の予防・改善(血統上昇の抑制、血中中性脂肪の低下)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)