中性脂肪に関する症状・予防に関する動画をまとめてみました。

menu

中性脂肪の真実

✅ 肥満を予防するには?

✅ 肥満を予防するには?
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCsDgBjk4_4p4AZBxD7YiEgQ?sub_confirmation=1
💖
✲ ⋆ ❄ ❅ ❇ ❈ ❖ ✫ ✪ ✩ ✬ ✭ ✰ ✹ ✷ ✶ ✵ ✳ ✱ ❊
✍ 摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るために起こる肥満を単純性肥満といい、肥満全体の95%がこのタイプにあたります。つまり食生活や運動習慣など、肥満になりやすい生活習慣を見直すことで、単純性肥満は予防できると考えられます。. 1.夜間に食べ過ぎないようにする. 脂肪細胞では、体内時計の調節機能を持ち、脂肪を蓄積する働きがある「BMAL-1」という蛋白質が生成されるのですが、翌日の活動に備えてエネルギー貯蔵を行うため、夜はその生成量が増加します。そのため夜は太りやすい時間帯といえます。. 2.1日3食、規則正しく食べる. 夜型の生活をすることで、朝食の欠食が増え、昼、もしくは夜にまとめて多く食べるという人が増えています。.しかし朝食を抜く、夜中に食事をするといった不規則な食事の習慣は、生体リズムを乱し、内臓脂肪蓄積の原因になります。. 3.ゆっくりよく噛んで、食事に時間をかける. 食べ始めてから脳の満腹中枢が働くまでは約20分かかるため、よく噛んでゆっくり食べることが過食の防止につながります。調理の際もかたい食材を選んだり、大きめに切ったりすることで咀嚼回数を増やすことができます。. 4.栄養の偏りなく、バランス良く食べる. 同じものばかり食べるなど、栄養に偏りのある食生活は太りやすい体を作ります。糖質、蛋白質、脂質をバランスよく摂取することに加え、ビタミン、ミネラル、食物繊維も積極的に摂ることが大切です。ビタミンやミネラルは体内の代謝を促し、食物繊維は糖質やコレステロールの吸収を穏やかにします。. 5.アルコールは適量に. アルコール1gは約7kcal。ビール350mlで150kcal、日本酒1合で200kcal、ワイングラス1杯で100kcalと意外と高カロリーです。加えて、中性脂肪を増やす作用もあります。また脂質や蛋白質の多いつまみを摂りがちなため、内臓脂肪を増やす大きな原因となっています。. …
❉ ✾ ✽ ✼ ✠ ☆ ★ ✡ ✴ ✺ ☼ ☸ ❋ ✽ ✻ ❆ ۞ ۝ ☀ ❃ ❂ ✿
💖 I do not own any images. For information on copyright infringement, please contact: vct226@gmail.com
💖 I will always put your website backlink and recommend them here:
💖 Licence:
✅ Adventures by A Himitsu https://soundcloud.com/a-himitsu
✅ Creative Commons — Attribution 3.0 Unported— CC BY 3.0
✅ https://creativecommons.org/licenses/by/3.0/
✅ Music released by Argofox https://youtu.be/8BXNwnxaVQE
✅ Music provided by Audio Library https://youtu.be/MkNeIUgNPQ8

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)